長野県スケート連盟 NAGANO SKATING FEDERATION

会長あいさつ

 長野県スケート連盟は、昭和21年12月に発足し、今日まで60数年の歴史を刻んでまいりました。この間「選手の競技力向上」「競技役員、競技指導者の資質向上」などを目標に取り組み、国際舞台で活躍できる幾多の優秀選手を輩出してきました。
 本年2月に開催されました平昌オリンピックにおいては、多くの当連盟所属選手が出場し、金メダルを始め多数の入賞者を輩出したほか、国体においても男女総合優勝3連覇など、長年の競技力向上事業の集大成となりました。
 これも一重に関係各位のご支援の賜物であり、心より感謝申し上げます。
 今回の栄光に浸ることなく、この快挙を糧に、その先にあるオリンピック、ワールドカップ等の国際舞台において活躍できる選手の育成事業として、ジュニア選手の強化育成を当連盟挙げて進めており、オリンピックを契機に、小学生の新規登録者が増えていることを大変うれしく思います。
 小中学生を中心にスケートの魅力、楽しさなどを多くの皆様に知っていただくよう役員一同一層の研鑽を積んでまいりますので、引き続き当連盟へのご支援をお願いいたします。

平成30年6月9日